fc2ブログ
鉄道模型 自動運転への道
鉄道模型ビギナー・電子回路アマチュア・ソフトウェアそこそこの管理人が、鉄道模型の自動運転・自動運行を最終目標にあれこれ試しています。
単線で列車交換 完全版


以前にもPCからの制御で単線で列車交換しながら運行させたが、センサーが足りず、一部の減速の制御を端折っていた。
その後、本家デジトラックスのBDL168を手に入れたので、センサーをフルに装備した状態で運行させた動画がこれ。
制御ソフト(PC)の画面と実際の動きの対応がわかるようにした。

小さなテスト用レイアウトなので駅の長さが本当に最低限しか確保できない。
それなのに、列車を従来の単行から2両編成×2本にしてみた。

駅は (4番ポイント+R481-15°)×2 と (2番Yポイント+R481-15°)×2 だから2両編成が停車するには本当にギリギリ。
正確な位置で停車できることが絶対条件なので、停止位置のセンサーはBDL168ではなく今まで通りの光学式のセンサーを使用している。
このセンサーはPCに接続されており、ソフトでBDL168と互換性のあるパケットを送出する「ニセBDL168」だ。
ぎりぎりの長さの交換駅でも正確に停車できているのはBDL168ではなく光学センサーを使っているお陰。


・・・
PCの画面とカメラ映像をちゃんと同期させた動画を撮るのはなかなか難しい。
PC画面を動画で記録するソフト「Bandicam」の動画とデジカメで撮影した動画は、開始時間を正確に合わせても全然タイミングが合わない。
そのため、「デジカメのライブビュー画像をPCに表示させ、制御ソフトの画面と並べて、それをBandicamで動画にする」という方法を取った。
レイアウト全体を写している映像の動きがスムーズでないのはデジカメのライブビュー画像だから。
関連記事

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2024 鉄道模型 自動運転への道 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.