FC2ブログ
鉄道模型 自動運転への道
鉄道模型ビギナー・電子回路アマチュア・ソフトウェアそこそこの管理人が、鉄道模型の自動運転・自動運行を最終目標にあれこれ試しています。
KATO 鹿島臨海鉄道6000形が入線
以前の私と同じく鉄道模型を休業している友人が、KATOの鹿島臨海鉄道6000形を貸してくれた。
KATO 鹿島臨海鉄道6000形

この製品は、鹿島臨港線を有していた鹿島臨海鉄道が、昭和60年(1985年)3月14日に旅客線である大洗鹿島線を開 業させたのに合わせて製品化したものと思われる。

KATO 鹿島臨海鉄道6000形 パッケージ

私が、短い期間ではあったがKATOのカタログを見て夢を膨らませていた頃に登場したもので、聞いたこともない地方私鉄の新型車両ということで「欲しいなぁ~」と思ったものだ。
…で、同年代の友人である彼はしっかり購入していたというわけ。

ところで、模型発売後20年の時を経て、写真趣味を始めていた私は実物を撮影する機会に恵まれた。

鹿島臨海鉄道6000形 単行
実車の勇士。

…ただ、「借りた」というのは何かと問題がある。
私の路線では、基本的に全ての車両がDCC対応車だ。
この車両も、うちで他の車両と同じように走らせようとすれば、最低限DCCデコーダーを搭載しなければならない。

しかしこの製品、再生産されたことがないのか、かなり貴重品らしい。
いつものようにいきなり分解してハンダ付け!というわけにはいかない。
ちゃんと走らせるなら、基本的には現状復帰可能な状態で改造することを考えなければならない。
うーむむむむ・・・・
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 鉄道模型 自動運転への道 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.