FC2ブログ
鉄道模型 自動運転への道
鉄道模型ビギナー・電子回路アマチュア・ソフトウェアそこそこの管理人が、鉄道模型の自動運転・自動運行を最終目標にあれこれ試しています。
LED室内灯の色の改善
 「DCC・アナログ兼用LED室内灯を作る」でDCCでもアナログでも使える室内灯を製作したが、使用した白色LEDはかなり色が青くて不自然という問題があった。
10個100円の安い白色LEDを買っておいて何だが、趣味の本業(?)が写真ということもあって、どうにも色が気になる^^;
格安でないLEDを購入するにしても、どのような色で発光するかは実際に点灯させてみないとわからないので困ったもの。

そこで、現在手元にある白色LEDに着色(塗装)して色味を改善してみることにした。
下の写真は、そのままの状態での色味の参考画像。
LED室内灯の青み 
後ろの車両の室内灯は電球を使用したもの。
電球色LEDなら色はかなり電球に近く、青くて困るという事態にはならないが、実際の車両の照明はほとんどが蛍光灯なので、青すぎる白色LEDと電球の中間くらいの色が欲しい。

色かぶりを打ち消すには、加色法でのその色の補色(反対の色)の色フィルターを掛ければ良い。
問題の白色LEDの色味をよく見てみたところ、ただ青いだけでなく、シアン(水色)やマゼンタ(ピンクと紫の間みたいな色)が被ってるようにも見える。
青とシアンとマゼンダを打ち消すにはどんな色を塗ればいいんだ????

と、ひとまず落ち着いて理屈で考えてみることにした。

加色法ではの補色は黄色
シアンの補色は赤。
マゼンタの補色は

となると、黄色に赤と緑を足した色に塗装すればいいということになるが…
赤と緑を足すと黄色。
…ということは理屈上は黄色に塗ればいいということか。ほんとかな?

クリアイエローで塗装してみると、確かに白くなる。
かなり純粋な白に近い感じ。
(写真をやっている人は意識していることだが、洗い立てのシャツ?みたいな色は純粋な白ではなく青みがかっている)
 
しかし、LEDの正面は良いのだが、横から漏れた光が黄色く見えてしまう。
そこで、正面以外をつや消し黒に塗って遮光するという力技。
超高輝度LEDでは横から出る光はオマケと言えないこともないので。
LED室内灯の色味改善 周辺部を遮光 

点灯してみると…
LED室内灯の色 改善後
左の車両が元の白色LED、右が同じLEDを使用してクリアイエローに塗装したもの。
ちょっと黄色っぽいけどまぁそれなりに蛍光灯のようにも見える。
LED付近と遠くでの色の違いもほとんどない。
拘るなら適宜塗料を薄めて塗ればいいのだが私はこれで妥協した。

少なくとも、元は「いかにも室内灯付けてます!」という感じだったのが、部屋の蛍光灯下で見ると点灯しているのに気付かない程度に近い色にはなった。
(室内灯用デコーダーをケチってDCCでもアナログでも常時点灯なので、明るい場所では光っているのがわからなくて構わないので。)

塗装した上に周辺部を遮光したおかげで全体的に暗くなったが、むしろムラは減っている。
(ということはLED周辺から出る光もオマケではないということだが^^;)
CRDは元のままの15mAだが、元より暗くなるので18mAなど多少電流の大きいものを使った方が良いかもしれない。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 鉄道模型 自動運転への道 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.