FC2ブログ
鉄道模型 自動運転への道
鉄道模型ビギナー・電子回路アマチュア・ソフトウェアそこそこの管理人が、鉄道模型の自動運転・自動運行を最終目標にあれこれ試しています。
自動運転対応レイアウト案 その後
以前のエントリー「自動運転対応レイアウト案」で考案した単線での自動運転(自律運転)に対応したレイアウト。
全然進んではいないのだけど、SCARMというフリーのレイアウターソフトを見付けたのでこれで書き直し3D表示してみた。

自動運転対応レイアウト案 予想図

レイアウトサイズは1600×1200mmで普通にはこんなものは置き場所がないのだけど、無理やりスペースを捻出するための装置(!?)を製作中。

壁にレールを取り付けて上下させるという「そこまでやるか」的なモノなのだが、自宅の改装時に予算不足でプロに頼めなかった部分を自作するという 苦難 貴重な経験を乗り越えてきたので、やれば何とかなるに違いない。…そうに違いない…

12345648_878618198920900_4519587470333218592_n.jpg

12308700_878618252254228_392977999972400033_n.jpg

スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

自動運転対応レイアウト案
自宅にレイアウトが欲しい…誰しもきっと一度は考えると思う。
しかも私の場合、
「自宅に、ローカルな単線で勝手に列車交換しながら走るのを一杯飲みながら眺めていられるレイアウトが欲しい!」
となる。
列車交換するのだから当然駅や信号所が必要。
かと言って自動運転専用というわけには行かない。
単純にエンドレスをぐるぐる周回させたくもなることもあるだろう。
でも家に複数のレイアウトを置くなどとてもとても…

と、色々条件があるのでず~っと案を練っていたのだが、テスト用レイアウトで実際に列車が走るようになったので、そろそろ具体化していきたいところ。
150cm×120cmという半端なサイズなのは、自宅で現実的に確保できるスペースの限界から。

自動運転対応レイアウト案

単線自動運転対応

元の目的がこれなんだから当然。
それはつまり、基本的に単線で、列車交換のための駅か信号所が最低2箇所あるということ。
内周部にある駅は、実は後から付け足したもの。
これがあるとダブルクロス部分の閉塞の管理が多少複雑になるが、運行に変化が出るはず。
やってみてあまり良くなければ自動運転では使用しなければ良い。

駅間はそれなりに長く

限られたスペースではあるが、ほとんど走らず次の駅に着いてしまうのでは面白くない。
中央下部のダブルクロス(複線両渡りポイント)は、自動運転のときは分岐側にしておく。
外側エンドレスの2箇所の駅間がとても狭く見えるが、両駅を発車した列車はダブルクロスで内側エンドレスに入って1周してから、再びダブルクロスを通って外側に戻って隣の駅に到着する。
そのため、実際の駅間の走行距離はそれなりに長い。

手動運転でも2列車を同時に走らせられる

ダブルクロスを直進側にしておけば、外側と内側は独立したエンドレスとなる。
普通のレイアウトとして2本の列車を普通に走らせることができる。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

KATO 鹿島臨海鉄道6000形が入線
以前の私と同じく鉄道模型を休業している友人が、KATOの鹿島臨海鉄道6000形を貸してくれた。
KATO 鹿島臨海鉄道6000形

この製品は、鹿島臨港線を有していた鹿島臨海鉄道が、昭和60年(1985年)3月14日に旅客線である大洗鹿島線を開 業させたのに合わせて製品化したものと思われる。

KATO 鹿島臨海鉄道6000形 パッケージ

私が、短い期間ではあったがKATOのカタログを見て夢を膨らませていた頃に登場したもので、聞いたこともない地方私鉄の新型車両ということで「欲しいなぁ~」と思ったものだ。
…で、同年代の友人である彼はしっかり購入していたというわけ。

ところで、模型発売後20年の時を経て、写真趣味を始めていた私は実物を撮影する機会に恵まれた。

鹿島臨海鉄道6000形 単行
実車の勇士。

…ただ、「借りた」というのは何かと問題がある。
私の路線では、基本的に全ての車両がDCC対応車だ。
この車両も、うちで他の車両と同じように走らせようとすれば、最低限DCCデコーダーを搭載しなければならない。

しかしこの製品、再生産されたことがないのか、かなり貴重品らしい。
いつものようにいきなり分解してハンダ付け!というわけにはいかない。
ちゃんと走らせるなら、基本的には現状復帰可能な状態で改造することを考えなければならない。
うーむむむむ・・・・
自作LED室内灯の小型化
DCC・アナログ兼用LED室内灯を作る」で作った自作LED室内灯は、高さの関係で車両によってはうまく搭載できないようだ。
厚みの点でも不利。
また、いちいちプリント基板を必要なサイズに切り出さなければならず、数を作るとなると面倒。

そこで、4ピンDIPパッケージのブリッジダイオードに直接CRD(定電流ダイオード)とLEDをハンダ付けし、車両に差し込む足の部分もブリッジダイオードの足をそのまま使うことにした。
自作LED室内灯 小型・簡略版 
(「LED室内灯の色の改善」で行ったLEDへの黄色塗装と遮光を施してある)

厚みを減らすために、ブリッジダイオードの整流した電流が出てくる側の足は短く切断してからCRDとLEDをハンダ付けした。
車両に差し込む足の部分は、DIPパッケージの交流入力側の足を真っ直ぐに伸ばした上で、ハンダを乗せてある。
これはICの足そのままでは薄すぎて車両に搭載した際に安定しないことと、特に伸ばした折れ目の部分は強度的に不安なので補強の意味もある。

高さは、KATOの室内灯セット(11-201)や新室内灯セット(11-204)の電球形照明ユニット+1mm~1.5mm程度に収まった。
これ以上小型化しようと思ったら別の部品構成を考えなければならないだろうなぁ…
LED室内灯の色の改善
 「DCC・アナログ兼用LED室内灯を作る」でDCCでもアナログでも使える室内灯を製作したが、使用した白色LEDはかなり色が青くて不自然という問題があった。
10個100円の安い白色LEDを買っておいて何だが、趣味の本業(?)が写真ということもあって、どうにも色が気になる^^;
格安でないLEDを購入するにしても、どのような色で発光するかは実際に点灯させてみないとわからないので困ったもの。

そこで、現在手元にある白色LEDに着色(塗装)して色味を改善してみることにした。
下の写真は、そのままの状態での色味の参考画像。
LED室内灯の青み 
後ろの車両の室内灯は電球を使用したもの。
電球色LEDなら色はかなり電球に近く、青くて困るという事態にはならないが、実際の車両の照明はほとんどが蛍光灯なので、青すぎる白色LEDと電球の中間くらいの色が欲しい。

色かぶりを打ち消すには、加色法でのその色の補色(反対の色)の色フィルターを掛ければ良い。
問題の白色LEDの色味をよく見てみたところ、ただ青いだけでなく、シアン(水色)やマゼンタ(ピンクと紫の間みたいな色)が被ってるようにも見える。
青とシアンとマゼンダを打ち消すにはどんな色を塗ればいいんだ????

と、ひとまず落ち着いて理屈で考えてみることにした。

加色法ではの補色は黄色
シアンの補色は赤。
マゼンタの補色は

となると、黄色に赤と緑を足した色に塗装すればいいということになるが…
赤と緑を足すと黄色。
…ということは理屈上は黄色に塗ればいいということか。ほんとかな?

クリアイエローで塗装してみると、確かに白くなる。
かなり純粋な白に近い感じ。
(写真をやっている人は意識していることだが、洗い立てのシャツ?みたいな色は純粋な白ではなく青みがかっている)
 
しかし、LEDの正面は良いのだが、横から漏れた光が黄色く見えてしまう。
そこで、正面以外をつや消し黒に塗って遮光するという力技。
超高輝度LEDでは横から出る光はオマケと言えないこともないので。
LED室内灯の色味改善 周辺部を遮光 

点灯してみると…
LED室内灯の色 改善後
左の車両が元の白色LED、右が同じLEDを使用してクリアイエローに塗装したもの。
ちょっと黄色っぽいけどまぁそれなりに蛍光灯のようにも見える。
LED付近と遠くでの色の違いもほとんどない。
拘るなら適宜塗料を薄めて塗ればいいのだが私はこれで妥協した。

少なくとも、元は「いかにも室内灯付けてます!」という感じだったのが、部屋の蛍光灯下で見ると点灯しているのに気付かない程度に近い色にはなった。
(室内灯用デコーダーをケチってDCCでもアナログでも常時点灯なので、明るい場所では光っているのがわからなくて構わないので。)

塗装した上に周辺部を遮光したおかげで全体的に暗くなったが、むしろムラは減っている。
(ということはLED周辺から出る光もオマケではないということだが^^;)
CRDは元のままの15mAだが、元より暗くなるので18mAなど多少電流の大きいものを使った方が良いかもしれない。
copyright © 2019 鉄道模型 自動運転への道 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.